ブラウンスイス【センボン筋(焼肉/煮込み用)】530g
ブラウンスイス【センボン筋(焼肉/煮込み用)】530g
ブラウンスイス【センボン筋(焼肉/煮込み用)】530g
ブラウンスイス【センボン筋(焼肉/煮込み用)】530g

ブラウンスイス【センボン筋(焼肉/煮込み用)】530g

¥ 2,300

SOLD OUT

埼玉・東松山の国分牧場ブラウンスイス牛。
こちらは、センボン筋というお肉です。
(530g)

センボン筋は1頭から約300-500gくらいのものが
2本しか取れない部位です。

モモの一部ですが、スネに続いていくところのお肉でスジがたくさんあるので、
コリコリと内臓のように食感があり、肉の味が濃いのが特徴です。
周りのスジだけ引いて、スジに垂直に薄くスライスして、
焼肉やしゃぶしゃぶにも。
あるいは、周りのスジをつけたまま、お好みのサイズにカットして、煮込んだら、
コラーゲンたっぷりで旨味のある煮込み料理に変身してくれます。
どんな最終形になってもお酒が進みそう。(笑)

今回は1本のみ、530gでのご用意です。

〇国分牧場について
https://tokyohouzan.theshop.jp/blog/2020/05/06/162829
◎今回のブラウンスイスくんの詳細はこちら。
https://www.tokyo-houzan.com/archives/7046

*チルド商品になりますので、9月25日が賞味期限になりますが、
 できるだけお早目にお召し上がりください。
*また、冷凍商品と一緒にご注文の際は、
 チルド・冷凍、いずれかの便種のご希望をお伝えください。
 あるいは、別便で配送をご希望の場合はお手数ですが、別々にご注文をお願いします。
*着日の指定はできませんが、受取不可の日がありましたらお伝えください。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料1,300円が掛かります。

通報する

ショップの評価

  • ブラウンスイス【カイノミ焼肉カット】300g(冷凍)

    ブラウンスイス【カイノミ焼肉カット】300g(冷凍)

    お肉の柔らかさと美味しさにビックリ❣️アッと言う間に胃袋に消えてしまったので、お代わりほしく、次はもっとたくさん購入したいです🤗🙏届け日を柔軟に対応していただき、助かりました❣️ありがとうございました😆🙏

    わーありがとうございます❣️ 間に合って良かった! ご友人の方にも楽しんでいただけたようで私も嬉しいです😊ブラウンスイス、カイノミ、どちらもなかなか希少ですが、これからもいろんな子たち登場してくるので、今後ともどうぞ宜しくお願いします🍖

  • ジャージー牛【ハンバーグパテ】150g(冷凍)

    ジャージー牛【ハンバーグパテ】150g(冷凍)

  • ジャージー&短角牛食べ比べ【肩ロースステーキ】580gUP(チルド)

    ジャージー&短角牛食べ比べ【肩ロースステーキ】580gUP(チルド)

  • ジャージー&短角牛食べ比べ【肩ロースステーキ】580gUP(チルド)

    ジャージー&短角牛食べ比べ【肩ロースステーキ】580gUP(チルド)

    短角牛とジャージー牛同時に食べました。どちらも初体験です。 柔らかさは短角牛の方が上ですが、赤身の味はジャージー牛の方が圧倒的に上でした。 もちろん短角牛も美味しいです。ただ、申し訳ないですが、食べ比べの際にジャージー牛の後に短角牛を食べてしまうとジャージー牛の方が赤身の味が濃い分短角牛負けてしまいました…。(自分の調理の不手際で味を引き出せていなかったら申し訳ないです。) 乳牛のイメージが強いジャージー牛ですが、お肉としても闘っていけますね。生産者さんの努力と食肉になってくれた牛にひたすら感謝です。 赤身の味が濃いお肉が多いので、赤身の良さを感じられるうで肉やもも肉が出てきたらまた買ってみたいと思います。 ごちそうさまでした。

    貴重なお声、ありがとうございます😊 今回の子たちは品種の違いに加えて、13歳のお母さんと、2歳半くらいの娘さんっていう違いが実は大きいんです。今の日本の一般的な評価基準でいくと、柔らかさを求めるために、お母さん牛は価値が低くなります。増してや乳用種となれば、なおさらです。でも、歯応えはもちろん出てくるけど、おっしゃって頂いている通り、ジャージー母さんの赤身の味わいは凄いですよね。 逆に、短角は赤身で歯応えがあるイメージを持っている方が多いかもしれないけど、今回の子は「あれ、意外に柔らかい」と感じてもらえるかな、と。そして、人間が夏バテするのと同じように、牛たちも夏は食欲が落ちて、水をたくさん飲むので、味わいはどうしてもあっさりするんです。自然に近い、ジビエのような短角の環境だとそれが特に毎年、出やすいです。 もちろん、赤身の味わいが濃くて柔らかい、が一番良いかもしれないけど、彼女たちの生きてきた環境を考えたら「そりゃ、そうだよね」って、お肉の背景を想像しながら、好みを見つけてもらうきっかけになったらいいなって思って、ご紹介してみました。 確かに食べる順番は大切かもですね!笑

  • あか牛【外モモハバキ(ローストビーフ/煮込み用)】700gUP(チルド)

    あか牛【外モモハバキ(ローストビーフ/煮込み用)】700gUP(チルド)

    煮込みと焼きの両方で頂きたかったので、筋がかんでいる部分はカレーで、かんでない部分はタタキで頂きました。 カレーはルーに負けないくらい赤身の味が強く、タタキは肉の甘み旨みがかんじられて美味しかったです。 赤牛は初めて食べましたが、赤身も美味しく脂の甘みも感じられるハイブリッドな牛肉なんでしょうかね(違かったらすみません) 私のように和牛は黒毛しか食べたこと無い人には印象的な美味しさを感じると思います。 貴重な牛、ご馳走様でした。

    嬉しいコメント、ありがとうございます😊 両方の調理で召し上がっていただいたんですね、良かったです! ハバキは赤身の味わいが強い部位なので、カレーの味にも負けない存在感、ちゃんと放ってくれましたね。 『印象的な美味しさ』嬉しい言葉です。 今回の味わいはあか牛の品種の持つ力に加えて、お手紙にも書かせて頂いた通り、井信行さんの育て方によるものも大きいと思います。 これからも、いろんな品種、それぞれの生産者さんたちの味わい、楽しんでいただけたらと思います。 ありがとうございました❣️

  • おうちで肉会セット1.6㎏(冷凍)

    おうちで肉会セット1.6㎏(冷凍)

  • あか牛【外モモハバキ(ローストビーフ/煮込み用)】700gUP(チルド)

    あか牛【外モモハバキ(ローストビーフ/煮込み用)】700gUP(チルド)

  • あか牛【ランプ&ラムシン】ステーキセット470gUP(チルド)

    あか牛【ランプ&ラムシン】ステーキセット470gUP(チルド)

  • 短角牛&ジャージー牛のサーロインステーキ食べ比べ(合計360g)

    短角牛&ジャージー牛のサーロインステーキ食べ比べ(合計360g)

  • ガンジー牛【サーロインステーキ】400g(チルド)

    ガンジー牛【サーロインステーキ】400g(チルド)